Mr.Children新曲『himawari』 歌詞・感想 ~25周年ライブで視聴してみて~

f:id:a-rulership:20170620002003p:plain

どうも!こばやしです。

今回は、7月26日発売予定のミスチル新曲『himawari』を紹介します。

 

この新曲である『himawari』(ひまわり)ですが、なんと!なんと!

ミスチル25周年を記念したドーム・スタジアムツアーである「Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25」で初披露されました!!

※7/7更新。映画の予告から歌詞を聴き取りしてみました。

映画『君の膵臓をたべたい』主題歌

ライブで、映画の宣伝やラジオよりもいち早く新曲を聴くことができて本当にうれしいです。

というのも、この曲。

2016年本屋大賞で第2位に選ばれた小説『君の膵臓をたべたい』の映画版の主題歌に決定しているのです。

 

なんともインパクトのある題名ですが、実は恋愛ストーリー。

恋愛映画の主題歌といえば、迷作である『恋空』の「旅立ちの唄」や、『僕等がいた』の「祈り~涙の軌道」なんかが印象的ですよね。

 

映画の制作陣は、主人公の「僕」の心境を歌で表現することができるアーティスト、そして幅広い年代が共感できるアーティストとしてMr.Childrenへお願いしたらしいです。 

 

制作陣…いいセンスしています。

コアなミスチルファンは、とりあえず曲を聴こうと映画館に足を運びますから。 

スポンサーリンク

 

曲と歌詞はどうだった?!

f:id:a-rulership:20170620000546p:plain

そんな新曲「himawari」ですが、恋愛映画の主題歌ということもあり、正直バラードで来ると思っていました。

しかし、予想に反してロックな曲なんです!!

 

いや、正確にはミディアムバラードとロックの中間くらいかな?

それでも、想像より力強くてカッコいい曲になっています。

 

演奏前のMCでは桜井さんは「himawari」についてこう語っていました。

 

優しくてでも激しくて、まっすぐでいてねじまがっていて、美しいんだけど汚れている。

そんな何とも言いようのない、伝えようのない曲。

 

ライブでは正直言って、歌詞はよく聞き取れませんでしたが、映画の予告映像がYouTubeで公開されました。

 

聴いてみた感じで書き起こすと

ありがとうも さよならも
僕等にはもういらない

嘘だよ そう言って笑う
君をただ期待していながら


いつも透き通るほど真っすぐに
夏へ飛び出す君がいる

眩しくて 希望で苦しくなる


暗がりで咲けるひまわり
嵐でも咲けるひまわり

そんな君に僕は恋してた
そんな君を僕は…

って感じのように思えます。 

違う部分もあるかも!(笑) 

スポンサーリンク


「忙しい僕ら」がついに音源化!

そんなニューシングル『himawari』7月26日(水)に発売されます!

映画の公開日よりも前に発売とは、ちょっと意外でしたね。

 

himawariはもちろん楽しみなのですが、他の収録曲も超豪華ですよ。

なんといっても「忙しい僕ら」でしょう。

2015年未完ツアーで初披露されたは良いものの、一向に音源化されませんでした。

ようやくですよ…

ホールツアーで披露した「おとぎ話」とか「こころ」とか、まだまだ物足りません!

今回も、シングルじゃなくてアルバムが出ると思ったんだけどなぁ…

 

また、初回限定盤には「himawari」の制作中の様子を映したドキュメンタリー映像も収録。

さらに2017年5月に名古屋センチュリーホールにて特別に演奏されたデビュー曲「君がいた夏」も収録されています。

これは初回生産限定盤を買うっきゃないですね!!

<収録曲>
1.himawari
2.メインストリートに行こう(Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)
3.PIANO MAN(Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)
4.跳べ( Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)
5.終わりなき旅(2017.4.23 YOKOHAMA)
6.忙しい僕ら

<初回生産限定DVD>(約28分)
1.Documentary Of himawari
2.君がいた夏 (25th Anniversary Day - 2017.5.10 NAGOYA -)