Mr children『my sweet heart』 歌詞考察・意味 ~恋の相手は未成年!?~

f:id:a-rulership:20170315002837p:plain

どうも!こばやしです。

前回の記事に続いて、ミスチルネタ。

歌詞の考察でございます。

 

今回取り上げるのは、『my sweet heart』という曲。

これはかなりマイナーで、前回の箒星のカップリング曲です。

また、カップリング曲のみを集めたB面アルバムである『B‐SIDE』にも収録されています。

 

このマイナーな曲を何故取り上げるかというと、歌詞の解釈の多様性と面白さが凝縮されているから!!

短い曲のなかでも、桜井さんの想いと愛がたっぷりと感じられます。

 

音源はこちらから↓

Mr children, My Sweet Heart - YouTube

 

【歌詞解釈 ~恋の相手は未成年!?~】 

f:id:a-rulership:20170315004631p:plain

君はストロベリーソーダ
僕はスパークリングワイン
時間をかけて飲んで 楽しいおしゃべり

 

舞台はレストラン。

主人公はワインで決めてますが、対して彼女はノンアルコールかつ、ストロベリーソーダという可愛らしいチョイス。

 

これは年下の女性。

それも未成年と食事していることを示唆しています。

楽しいおしゃべりに時間をかけるあたりからも、大人の余裕を感じられますよね。

 

この後どこに行こうか?
それとも送ろうか?

ママが心配してるよ
電話入れたらどう?

食後の展開です。

ママが心配しているという点からも、相手が未成年という見方が強まります。

主人公を桜井さん自身と仮定すると、2006年当時は36歳。

これは…!?

 

恋に落ちそうだよ
君はかわいい my sweet heart

そしてこれ。

恋に落ちそうなんて、なんて危険な!!

これは…ロリコンの恋の歌!?

 

と、思いがち。

しかし、別の視点から見ると、全く違った解釈が可能です。

この後の歌詞を追うと、見えてきます。

 

f:id:a-rulership:20170315005842p:plain

何所の誰かも知らない友達のお話

えんえんと続ける でもそれも嬉しい

 

急がなくてもいいよ
大人になんのなら
なるたけゆっくりがいい 

この曲は、私は未成年との禁断の愛とは思いません。

なぜなら、歌詞から衝動が感じられないから。

ロリコン云々は置いておいて、人は恋に落ちたとき、もっとドキドキすると思うんです。

 

いくら大人だったって、知らない友達の話をえんえんとされてしまえば、じれったくもなるもの。

しかし主人公はそれもまた嬉しい…と。

 

それらを踏まえると『my sweet heart』は、妻と離婚したために、頻繁には会えなくなった父娘がデートしている曲なのだと解釈できます。

そう考えると曲全体が、全く違った風に感じられるはず。

 

 

ミスチルの桜井さんは、最初の奥様とは離婚しています。

その人との間には、娘さんがいるそうです。

この曲が自分たち親子の関係を歌っているのかはわかりませんが。

 

少女のままでいい

おとなにならなくていい

君は愛しい my sweet heart

この部分。

大人になってしまえば、父親への気持ちが変わってしまうかもしれない。

こんな風に、楽しくデートも出来なくなってしまうかも。

だから大人になるのもゆっくりでいいし、少女のままでいて欲しいのです。

 

 

どうでしょうか?

私はこんな風に考察してみました。

 

桜井さんの歌詞は、人によって様々な解釈ができるように書かれているのが特徴です。

是非とも、ミスチルの楽曲をたくさん聞いてみて下さい。

きっと、素晴らしい出会いになると思います!