星野源の一度は聴いてみてほしい おすすめ名曲ランキングTOP10

どうも!今回は星野源!!

管理人が個人的におすすめする、好きな曲をランキング形式でまとめました!!

 

アルバム曲もピックアップしていくので、あまり知らない曲もあるかもしれませんが、これをきっかけに星野源の楽曲をより知ってもらえればなと思います。

また、それぞれに多少のコメントなどを加えています。 

 

〝恋”ダンスを今年の忘年会でやる人も多いのだろうか…

ではでは、 管理人の偏見と独断でお送りします(^^)/

画像はamazonリンクです

 

10位 SUN

みんな大好きSUN。

星野源はこの曲で本格的にブレイクを果たしましたね。

 

なんでもマイケルジャクソンを想って作ったとか。

歌って踊れるリズミカル。まさにイエローミュージック! 

ちなみに源さんは「壊れそうになりながらも必死に生きる人々が、すべてを忘れて楽しく踊りまくる姿を想像しながら作った」ともコメントしています。

 

9位 地獄でなぜ悪い

アルバム「YELLOW DANCER」に収録。

源さんの長かった闘病生活のなかで感じた苦しみや希望が、この曲には詰まっていると思う。

 

「無駄だ ここは元から楽しい地獄だ 生まれ落ちたときから 出口はないんだ」

この歌詞は源さんにしか書けないでしょう。

藤子先生のオマージュが特徴的なビデオクリップにも注目。

 

8位 Crazy Crazy

リズミカルなピアノイントロからテンポよく始まります。

とにかくアップテンポで盛り上がる1曲。

 

クレイジーキャッツから影響を受けて作成された楽曲で、タイトルもそこに由来しています。

あと、ビデオクリップの格好良さは異常

 

7位 穴を掘る

「ばかのうた」というアルバムに収録。

「役所から 穴を掘る」という歌詞に地味に衝撃を受けた一曲。

 

気を強く持って前に進むことで、知らない世界が待っているよ。という歌詞。

この曲自体はすごく好きなんだけど、なぜ役所なんだろう。

この部分の不思議なチョイスが源さんらしくて好きなんだけども。 

 

6位 くだらないの中に

星野源の記念すべきファーストシングル。

ラブソングなんだけど、歌詞の中には”愛してる”とか〝好き”とか直接的なワードを入れずに、情景や感情で愛する思いを伝えています。

 

歌詞のなかにある「首筋の匂いがパンのよう すごいなあって讃えあったり」というフレーズ。

こういうのって、愛する人といっしょに生活するなかで、無いようであるんですよね。

物凄く愛があふれた歌詞。とっても素晴らしい1曲です。 

 

スポンサーリンク

 

5位 化物

自分の中に住む、衝動だったり熱を化物に例えた歌詞。

たまらなくポップで、曲も詩も生命力に溢れています。

病に倒れた後の復帰作アルバムStrangerの1曲目だけに、感慨深いところもありますね。 

  

4位 知らない

SUNから入ったファンには驚く人もいるかも。

それくらい、暗い歌詞とメロディです。

 

華やかさはありませんが、じわりじわりと心に染み込んで来る曲。

〝君”との終わりの絶望とその先の知らない景色に思いをはせた、壮大なバラードとなっています。 

3位 friend ship

yellowdanceerのラストを飾る感動曲。

別れと旅立ちをイメージさせる。 

 

「笑い合うさま」というフレーズが妙に耳に残る。

あんまり歌詞に〝さま”という表現を使う人っていないと思うの。 

 

2位 夢の外へ

アルバム『Stranger』に収録。

明るい曲調とは裏腹に歌詞は意外とシリアスなんです。

 

自分だけ見えるものと

大勢で見る世界のどちらか嘘か選べばいい

君はどちらをゆく 僕は真ん中をゆく

(作詞作曲:星野源/2013年『Stranger』収録『夢の外へ』から引用)

というフレーズがあるんだけど、小学校のころにいじめにあったりした過去が影響しているのかな?とか思ったりもする。

 

そんな源さんの儚さや哀しさが、ポップなメロディーのなかに見え隠れしていて、ほんの少し切なくもなります。

 

1位 恋

イントロがどこかチャイナ的でオリエンタルな雰囲気。

蓋を開けてみれば、思わず踊りたくなる至極のダンスミュージックとなっていました。

初回特典のDVDはニセさん全開!笑

 

歌詞も「ただ腹を空かせて君の元へ帰るんだ」というあたりに日常感が漂っていて、初期の雰囲気と最近のサウンドが混ざり合った感じになっていますね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

さて、星野源の楽曲から好きな曲をチョイスしてきました。

昨年はSUNで紅白歌合戦に出場しましたが、今年は恋を歌うかな?

 

俳優としても作家としてもマルチに活躍し続ける星野源。

最初に聴くのなら、『YELLOW DANCER』か『Stranger』から入るのがお勧めですよ!

おわり!