桜井メソッドなんて言い方はやめてほしい。ベッキー×ゲスの極み乙女。の不倫問題【ミスチル】

f:id:a-rulership:20160111165653j:plain

どうも!管理人です!

 

さて、ここ最近はベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル川谷さんの不倫問題でTVやワイドショーが騒がれていますね。

しかし、何故か急に『桜井メソッド』なる言葉でMr.Childrenの桜井さんが槍玉にあがっているようです。

管理人がその『桜井メソッド』について知ったのはこの記事がきっかけ。

 ↓

www.msn.com

 

一部記事抜粋

しかし、一番の被害者はバンドの裏方でもあった川谷の妻だ。川谷のブレイク前から公私ともに付き合い、バンドが売れた昨年夏に人生の伴侶となったにも関わらず即不倫され、“卒論(=離婚届)”の提出を促される……。この一連の流れをネットでは“桜井メソッド”と呼び、Mr.Childrenの桜井和寿(45)の過去に再び注目が集まっている。

 

なんつーこと言ってるの!!

こんなの、とばっちりもいいところです。

桜井さんと川谷絵音さんを一緒にしない欲しいしわざわざ『桜井メソッド』なんて言葉で蒸し返さないで欲しい。

 

そもそも時系列としては、桜井さんの場合は1994年1月所属レーベル・トイズファクトリーの元社員と結婚。

そして1997年に桜井と吉野美佳さんと不倫が発覚。

その後、2000年5月には離婚を発表し、同年6月に吉野さんと再婚したわけです。

 

それに対してベッキーと川谷絵音はというと。

2015年夏

川谷さんは一般女性と結婚

10月21日~
ベッキーと川谷さんは交際開始

そのときベッキーは既婚者と知らされていなかった。
11月末
川谷さんがベッキーに妻帯者だと告白
2016年1月
週間文春による報道で不倫交際が発覚。

 

結婚生活を3年間過ごした末に不倫した桜井さん。

もちろん不倫は決して認められることは無い行為ではあるけど、結婚して数か月で不倫するような男と同列に扱われたくないし、『桜井メソッド』なんて言葉で侮辱して欲しくないな。

 

もちろん自分が桜井さんのファンだからこう思うのであって、他の人から見たら不倫した事実は同じって思うかもしれないけど。

 

でも、やっぱり悲しい。 

 

f:id:a-rulership:20160111165530j:plain

ここから先は本当に個人的な気持ちなんで、不快に思われるかたがいらっしゃったら申し訳ないです。

 

ネットやマスコミは不倫した事実だけで判断して執拗に相手を攻撃します。

まぁ、日々劣等感に苛まれていたりする人にとっては格好のストレス発散のチャンスになりますから。

一方的に攻撃できる事実だけを盾にここぞとばかりに責め立てる。

 

ただ、それ自体は仕方のないことです。

芸能人である以上は悲しいかな、そういった攻撃されるリスクを背負う覚悟が必要なんですよね。

ひとつだけ考えなきゃいけないのは、双方の目線で見ないと案外見えてこないこともあるんじゃないかってこと。

我々はメディアが発信する”食いつきやすい”情報しか目につきません。

 

 

不倫を擁護するつもりはありませんが、人の心は鎖で縛りつけて置くことはできません。

一度は愛を誓い合ったけれど、それでも心が配偶者から離れてしまったという事実。

結婚すれば法という鎖で縛られるけど、それに甘えずにお互いに愛情を注ぐ努力は必要だと思うんです。

何か公にされていないような事情があったのかもしれません。

 

我々はマスコミのフィルターがかかった情報しか知りえない。

だからこそ、真実が見えない以上は不用意に相手を攻撃することは避けたい。

綺麗ごとでしかないけれど、個人的にはそう考えます。

 

www.msn.com

そんなバンドマンを売れるまで献身的に支えていたにも関わらず、ようやく軌道に乗ったかと思えば、不倫されてポイ捨て……。

どんなにひとりの女性を傷つけようと、今回挙げた彼らは芸能界において成功を収めている。

記事では川谷さんや桜井さん以外のアーティストもひっくるめて、こんな風に書かれているけど、あまりに一方的やしないかな。

傷ついた末に他の女性に心が揺れた…っていう可能性もあるでしょう。

 

寂しい思いをしたのは、案外男性も同じだったのかもしれない。

何かお互いに噛み合わないことがあったのかもしれない。

友人が奥さんに辛い仕打ちをされた結果、昨年に離婚したのを目の当たりにしてるので、そんな風に考えちゃいます。

※友人はもちろん不倫はしてません!!

 

 

まあ、なんというか。

離婚してからやることはやらなきゃダメってことです。

心変わりは仕方がないけど、一線を越えちゃいけない。

そこはやっぱり、そう思います。

 

 

では今回はこんなところで。

おわり!