Mr children 『名もなき詩』  歌詞考察・意味~あるがままの心とは~

f:id:a-rulership:20151219231429j:plain

どうも!管理人です!

今回は久しぶりのミスチル記事。

アルバム”深海"から『名もなき詩』を取り上げます!!

 

96年にシングルとして発売。

とにかくCDが売れた時代においてミスチルはミリオンヒットを連発し、社会現象ともなりました。

この曲はそのなかでも特に売上が多かった1曲です。

 

それだけに、聴く人によって様々な解釈があるとは思いますが、管理人が聞いてみて感じた、自分なりの解釈を書いていこうと思います!

 ではでは、今回も順に追っていきましょう( ^^)

 

【以下、考察】 

 f:id:a-rulership:20151221221507j:plain 

汚れ物とは、恋人である"君”を指しているのでは。

彼女にとって自分は初めての男じゃない。でも別にそうでなくたっていい。

君の今が大事であり、今こそが真実だ…という意味なのかなと。

 

君=彼女は不安定な生活のなかで、気持ちが落ち込んだり苛立ったりすることもあるのでしょう。

だけど、僕=彼は彼女に寄り添い、一緒に悩み共に歩いていきたいと思っているようですね。

 

f:id:a-rulership:20151221221712j:plain

サビの部分です。

ここの解釈がけっこう難しいのかなと。

 

彼女は苦しんでいるけど、決して独りぼっちじゃないと伝えたいのでは。

実は僕も同じように苦しんでるんだという、彼なりの優しさを歌っていると思います。

 

"本当にしたいことや想いも実現できないで、取り繕って日々をやり過ごしている。 

みんなが「この人はこういう人だ」って思い描いている僕を、いつのまにか僕自身が演じていて。

演じることで築けてきたものに、意外と誇りや名残惜しさも感じていて。

そうやって周りからの期待や評価なんかを意識してしまって、自分らしさという"型”から抜け出せずにいるんだ。”


管理人はこのサビの歌詞を、こういう意味として解釈しています。

特にあるがまま~の部分は「Another mind」の歌詞に通じるものがあると思っていますね。

苛立つような~は君の苦しみを、あるがまま~は僕の葛藤を指しているのではないでしょうか。 

 

愛は奪うでも与えるものでもない。

 

愛っていうものは、争いや一方的な想いから生まれるものじゃないですよね。

与えるという意識では、無自覚のうちに見返りを求めているということになります。

 

「~してあげた」という考え方はエゴで、そういっや見返りを求めるのは本当の愛じゃない。

無償の愛こそが本物で、それには自分が~という意識を捨てることがまずは必要なんじゃないかと。

そしてそういった自意識を、妙なプライド~と表現しているのだと思います 

 


愛や自由が足元にきっと転がってる

辛いことばかりと落ち込んでるけど、幸せは案外目の前に転がってるよ。

気付いていない。見えていないだけなんだよ。

 

こういったメッセージを、桜井さんは他の歌でもよく歌詞にしていますよね。

 
f:id:a-rulership:20151221224037j:image


誰かを想いやればあだになり、自分の胸にという部分。

愛や恋なんてものを真剣に考えていると馬鹿を見る。

みんな、その場の欲望を満たすだけで、相手と本当に理解しあおうなんて考えていない。

真剣に恋をしようとして相手に歩み寄っても、どうせ裏切られて傷つくのは自分だけ。

今はそんな時代…

と、半ば自暴自棄になっていますね。

 

 

"だけど”から続く大サビ。

わかっているんだけど。やっぱり君が好きで。

 

その心に正直に生きようと願うから。

諦めきれないからこそ、心は痛い。

こんな時代と揶揄してみたけど、案外、みなこうやって葛藤しているのかもしれないね”

 

だけど、というフレーズからは期待しちゃいけないと構えつつも、諦めきれない葛藤が読み取れます。

期待してしまうと裏切られた後が一層辛いから、傷つかないように自分の心をごまかして予防線を張ってしまう心。自分を守ろうとするプライドや弱さこそが、主人公を苦しめているのでしょう。 

 

ラストは、" 愛やプライドみたいに形のないものは目に見えないから、見失ったり伝わらないこともあるよね。

だからこうやって詩に残すことで、この想いを永遠に忘れずにいるよ。

君をずっと支えていこうと思うよ” 

 

…という、”僕”が"君”に捧げる愛の詩こそが「名もなき詩」なのではないでしょうか。

 

まとめ

f:id:a-rulership:20151221221145j:plain

いかがでしたか?

管理人は名もなき詩をこんな風なラブソングと捉えています。

でも、明確なメッセージとしては描かれてはいないのて、聴く目線によってはそうでないとも捉えられるでしょうね。

 

たくさん売れた曲ですし、聴く人にとってそれぞれの名もなき詩があるでしょう。

でも、それでいいと思います。 

この記事が、改めてMr.Childrenの音楽を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

以上!おわり!