Mr children  『fantasy』  感想・歌詞解釈  (ミスチルREFLECTION新曲)【歌詞バレあり】

f:id:a-rulership:20150607135111j:plain

 

 

全国のミスチルファンの皆さん!

REFLECTIONしてますか!?

 

 

今回は新アルバムREFLECTIONの1曲目である『fantasy』の感想を書いてみようと思います。

あくまでも、管理人の感じた感想や解釈なので異論がある方もいらっしゃるかとはおもいますが、稚拙な駄文をご了承ください(>_<)

 

 

まず、イントロからすっげーカッコいいです。

ライブの演出もあったからかな?

ロック色が強くて、REFLECTIONがこれから始まるんだぞーって衝撃がガツンと来ます。

 

 

そして何よりも、管理人がこの曲の好きな部分は『歌詞』にあります。

そもそもfantasy(ファンタジー)の意味は空想・幻想であり、どっちかっていうと、メルヘンチックな楽しい、煌びやかなイメージがあるかと思います。

 

【以下、歌詞解釈】 

 

 

ですがこの曲…全然そんな楽しい歌詞じゃありません。

 

 

「想像を超えた猟奇殺人さえ もはや日常ドキュメンタリー」

 

「昨夜見た夢の中、僕は兵士。敵に囲まれていた」

 

 

暗い…暗いです。

ちっともファンタジーな感じがしません…

そういえば「LOVEはじめました」なんかも、タイトルとは裏腹にドギツイ歌詞でしたね。

 

そして注目したいのが、2番のサビの

 

 

「出来ないことはない」  「どこへだって行ける」

「つまづいても また立ち上がれる」

 

いわゆるそんな希望を 勘違いを 嘘を

 

 IDカードに記していこう

 

 

この部分です。

一見とても前向きな歌詞のように聞こえますが、勘違いを嘘を…とあります。

そんなのは、ただの綺麗ごとで慰めにしかならない。無意味なものであることが、心の奥底でわかっているかのようです。

 

 

fantasyでは、サビの部分は一貫して前向きなメッセージが込められています。

 

それと同時に、「そんな願いを 自信を 皮肉を 道連れに さぁ旅立とう」

と必ず後ろ向きなワードも織り交ぜられています。

 

そしてラストの「日常のなかのファンタジーへと」に続きます。

 

 

 

この歌を解釈するなかで一番重要なのは、「ファンタジー」という言葉の捉え方だと思います。

歌のなかで、「ファンタジー」という言葉は2回だけ登場し、先述のラスト部分の他には冒頭部分のみです。

 

 

「ゴミ箱に投げ捨てたファンタジーをもう一度拾い上げたら

各駅電車をジェットコースターにトランスフォームして{不可能}のない旅へ」

 

 

何でもない日常のなかで自分を押し殺して生きている、退屈な日々を『各駅電車』に例えており、

『ゴミ箱に投げ捨てたファンタジー』というのは

本当はこう生きたいと強く思い描く、理想の自分自身の姿を指しているのではないでしょうか。

 

諦めかけていた夢や理想を、もう一度拾い上げてみれば、退屈な日常も風景が変わって見える。

そんなメッセージが込められていると、管理人は解釈しています。

 

 

ですが、そんな生き方は絵空事に過ぎず、現実は厳しく辛いものです。

それをわかっているからこそ、

「そんな願いを 自信を 皮肉を 道連れに」という歌詞に繋がるんでしょう。

 

 

ですが桜井さんは、

そんな辛い現実を受け入れて、それでもなお前を向いて、理想の自分を追いかけて行こうという願いを込めて

 

「さぁ旅立とう 日常のなかのファンタジーへと」

 

というラストに結びつけたのではないでしょうか。

 

 

 

ライブでfantasyを聴いた方々はわかると思いますが映像のなかでは、

少女が地下鉄でヘッドフォンを着けて音楽を聴くと、日常が一変し、ジェットコースターにトランスフォームしていました。

 

 

そして撃ち殺したのは、資本主義の象徴である男たち…

 

 

Nakedの最初の曲がfantasyで、ラストが未完ですよね?

 

 

未完には

「ヘッドフォン フルボリューム」

「地下鉄のホームで」 「目をギラつかす資本主義者の巣窟で」

 

 

という歌詞が出てきます。

管理人は、この2曲はどこかリンクしているような気がしてなりません。

 

 

 

REFLECTIONのアルバム全体で伝えたいものというのは、

 

日常は退屈で現実は厳しく、決してハッピーなことばかりではないけれど、それでも前を向いて理想の自分自身を追いかけよう!!

 

 

ということではないでしょうか??

 Mr children の歌というのは、聴く人によって色々な解釈があるかと思います。

管理人はこのように捉えました!!!!

 

おわり