深海

Mr children 『名もなき詩』  歌詞考察・意味~あるがままの心とは~

どうも!管理人です! 今回は久しぶりのミスチル記事。 アルバム”深海"から『名もなき詩』を取り上げます!! 96年にシングルとして発売。 とにかくCDが売れた時代においてミスチルはミリオンヒットを連発し、社会現象ともなりました。 この曲はそのなかでも…

ミスチル「虜」 歌詞の意味・解釈 ~相手を束縛してしまう心理とは…独占心と嫉妬心~

深海特集第4弾は、「虜」をピックアップしてみました。重い重い恋愛の歌で、一般的なミスチルのイメージとは一線を画した曲となっています。 桜井さん曰く「日本語なのに英語のように聞こえる」とか。 終盤でリフレインされるコーラスは、なんとゴスペルシ…

ミスチル「シーラカンス」 歌詞の意味・解釈 ~シーラカンスの意味するものとは。左脳の片隅で君を待ってる~

深海特集第3弾は、「シーラカンス」を取り上げようと思います。ウィキペディアによると、当時の桜井さんの心情を反映したような歌詞とありました。果たしてどんな心境でこの曲を書き上げたのか…管理人なりの解釈を紹介します! 【以下 歌詞解釈】 シーラカ…

ミスチル「花-Memento-Mori-」 意味・解釈 ~歌詞から学ぶストレスとの向き合い方~

前記事の「ありふれたLOVE STORY」に続いて、アルバム「深海」から花を取り上げたいと思います。1996年、今から20年近く前に発売された11枚目のシングルであり、副題のメメントモリとはラテン語の「死を想え」という意味をもっています。深く重い楽曲が多く…

ミスチル『ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~』の歌詞について ~管理人が失恋から立ち直ったときの話~

今回は自身の体験談を交えながら、ミスチル初期の名曲である 『ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~』 を紹介したいと思います。 アルバム『深海』収録されている本作品。 その特徴としては、歌詞が男女の恋愛から失恋までをストーリー仕立てに…